【※知っ得※】夏祭り前に読んでおきたい・・・夏祭りがきっかけで別れたエピソード8選!

まとミミ
夏祭り前に読んでおきたい・・・
夏祭りがきっかけで別れたエピソード8選!

夏祭りでのエピソード

夏といえばお祭り(っ’ヮ’c)
ふわふわの綿菓子に金魚すくいに花火にと、デートには定番のイベントです。

しかしそんな楽しいはずのイベントが思わぬトラブルで、お互い嫌な思いをすることも。

どんなことに気をつければ破局を避けられるのか解説します(>_<;)

1:慣れない浴衣を気遣ってもらえず、最終的にケンカになった

「バイクで迎えに来るわ、歩くペースは速いわで思わず言い争いに」(10代女性)

浴衣ってとても可愛いのですが、身動きが少し取りづらいものなんですよね💦
こんな時に彼氏が全く気遣わないと破局を招きます。

普段から女心に疎い彼氏であれば、最初から浴衣を着て夏祭りに参加するのは避けた方が良さそうです。

2:子どものように射的や型抜きにはしゃいでいたけど、彼氏は呆れた雰囲気

「一緒になって無邪気に遊べないのが残念だった」(20代女性)

片やお祭りの雰囲気を楽しむ彼女と、せっかくお祭りにきたのに冷めてしまっている彼氏との温度差で破局を招くことも。

彼氏は昔からの遊びは好きでないと理解したならば、そうした遊びは気が合う友達とするといいかもしれません( ˘ω˘ )

3:場所取りで揉めた

「トイレは遠いし、適当すぎるから不満を言ったら口論に…」(20代女性)

せっかくとった場所にダメ出しをしてケンカになるパターンです。

行き当たりばったりとかではなく本人なりに努力した結果ならば、ぐっと堪えてみては(*_*;

4:人ごみではぐれてしまって携帯も通じない

「ちょっとトイレに行ったつもりが、道に迷ってそのまま会えずじまい!」(10代女性)

慣れない場所ならこんなトラブルも。
はぐれやすい場所ではむやみに別行動するのは避けましょう。

5:露出度の高いファッションで彼氏に嫌な顔をされた

「『一緒にいるのが恥ずかしい』と言われておしまい」(10代女性)

とのことです。
お祭りということであまりにハッスルした服装だと相手にドン引きされてしまうかもしれません(-_-;)

6:古い友達と再会、盛り上がってたら彼氏がヘソをまげた

「久しぶりの友達と長話していたら彼氏がくさってた」(20代女性)

彼氏を放置し続けるとヘソを曲げられて最悪破局に。

懐かしい人に会ったら彼氏を紹介したあと会話にも参加してもらって、一緒に盛り上がるのが吉ヾ( ・ω・)ゞ

7:彼氏が友人の前で彼女だと紹介してくれなかった

これは愛情を疑われても仕方がないのかも(・w・;

「彼が私のことに一切触れないのでキレた」(10代女性)

というように、自分をないがしろにされてトラブルになったパターンです。

ただし、悪い友達に紹介したくないという場合もあるので彼氏との話し合いが重要です。

8:元カノと遭遇→気まずい雰囲気に

「ムッとした私に、彼氏が『昔のことだろ!』とキレだして終了」(20代女性)

夏祭りだと元カノとの遭遇も起こりがちです。
彼氏にも気遣いが必要ですが、「今カノは私!」と胸を張ってお祭りを楽しみましょう(*^_^*)b

まとめ

夏祭りデートは人通りも多く、思わぬトラブルを招きやすいもの。
過度な期待はせずにほどほどに楽しむのが良さそうです(´ω`)

出典:http://girl.sugoren.com/report/1435997292814/

おすすめ記事

コメントを残す